ちょっとしたお知らせや日々のこと

大阪水辺バル2012

10/13、14に行われた水辺バル2012に参加してきました。
一番水辺バルに関わっていた竹さんですが、当日はスタッフとして参加のため4名バル巡りでした。竹さんご苦労さまでした!

杉さんイラスト、竹さんデザインのパンフやチケットを握りしめ出発です。

水辺バルの醍醐味は、何と言ってもクルージング!
天満橋からミナミを目指して乗船。

実はこの区間が一番乗船時間が長く人気だそう。
大川から東横堀川、道頓堀川を経てミナミへ向かいます。

舟と中之島とで手を振り合うの姿は嬉しくなりますね◎

噂の巨大こけしにも発見遭遇も、残念、後ろ姿ー!

大川から東横堀に突入!
高架下をぐいぐい進みます。

少し進んだ水位調整のための水門で少し停泊。
これ、パナマ運河式だそうです。オシャレ感がすごい!パナマ運河!
安全のため(他船の侵入防止)の噴水が始まります。

するとすぐに水面から門が!

いきなりの迫力シーンでみんな釘付けでした。

ガイドさんが架かっている橋のこと、
川の側の土地でどんなことがあったか、
歴史にまつわるいろんな話を面白くしてくださります。
歴史苦手な僕が面白かったので、間違いなく面白いですよ!

話に聞き入っている間に、道頓堀川に。
東横堀とはガラッと変わり、頭上が開放的な道頓堀。

おなじみのあの観覧車や

あの看板も

船の上からならこんなアングルで見られます!

通り過ぎて間もなく、ミナミ到着です。
ここでスタッフとして頑張っておられた羽田さんを発見。
大きいので遠くからでもすぐにわかりますね。

大正へ行く船を予約し、
お腹を空かせた一行はミナミエリア散策へ。
するとクオリティの高い黒板発見!

水辺のロゴのくるりんまで上手に再現!
気合い入れてくれてはるのが伺えます!
そのまま黒板引きつけられて入店。
1件目は「Gastro Garden on the 7th」さん。

ニュージャパンの7階で、道頓堀とは思えないロケーションにびっくり!
南国リゾート気分です。

メニューはブルスケッタ。

美味しかったので、もっと食べたかったー

そうこうしてると次の舟の時間。
目指すはディープなまち大正です!

日の落ちて来たクルージングも素敵です。夕焼けが綺麗。

舟を降りて大正エリアを散策です。
あのポスターも大正で見ればこんな感じ!

思わず「10年前の!?」と言葉がでそうな(※水辺バルは今年で2年目)
これが大正クオリティ(!?)です。

2件目は高架下の地元のおっちゃんらで賑わいそうなお店「遊心」さんへ。
自慢と描かれた土手焼きが美味で、ビールが進みます。

続いて3件目もこのエリアで。
沖縄料理の「うすぱれ 豊年」さんへ。
お店の前にはポスターも。

このラインナップにもしっかり馴染んで(??)います、バルポスター!

店のドアを開けると、
コテコテな感じのおばちゃんに、コテコテな感じの地元のおっちゃん。
普段は味わえない空気に萎縮しながらも店内へ。

バルメニューは、石垣のもずくの天ぷら・にんじんしりしり・サーターアンダーギの3品!すごいボリュームです!
もずくの天ぷらが美味しかったー!

このお店で鳥さんは泡盛の虜にもなってしまいました。

突如店内で三線を持ったおっちゃんの余興が始まります。
女性客を捕まえステージに引き上げていきます。

歌わされ

叩かされ

リズムに合わせて踊りだし

あれよあれよと時間が過ぎていきました。

シメは水辺バル目玉店の一つである「リーガロイヤルホテル」さんへ。
打って変わっての雰囲気の中で、オシャレなお食事。

やっぱり美味しく、追加オーダーをしてしまいました。
結果、かなりボリューミー。

シメとは思えない量でした。。

最後はタクシー移動をしてしまいましたが、大半をクルージングして
コンセプト通り『「大阪のうまい」を舟で、はしご』できたのでないでしょうか。

短時間で効率よく回るのも楽しみ方と思いますが、
せっかく舟での移動ですので、非日常な水の流れで
ゆっくり、のんびり、巡るのもまた一つの楽しみ方ではないでしょうか。

去年よりもエリアも参加店も拡大された水辺バル2012。
来年はどこまで楽しさ拡大で開催されるのか、今から楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です